深く濃い霧に覆われた意識の中で、誰かの話し声が聞こえてきた。
その声が少しずつ明瞭になっていくと同時に、私の意識の霧も晴れていく。


「ご迷惑おかけしました。ありがとうございました」


その言葉に導かれるように、私はふっと目を開けた。


ボーッとしたまま見上げた、無機質なタイル張りの天井。
窓に薄いカーテンがかかっていて、照明が点いていない室内はほんのちょっと薄暗い。
それでも、部屋の様子がわからないわけではないから、きっと窓の外にまだ陽がある時間なのだろう。


首を捻って、辺りを見回してみた。
私が横になっているのは、狭いベッドだ。
窓とは反対側、左のベッドサイドは、天井から下がったカーテンが引かれている。


私の左腕は布団の上に出ていて、前腕の内側に、白い絆創膏で細いチューブが装着されている。
ルートを追って上に目を上げると、点滴棒にぶら下がった薬液パックに繋がっていた。


どうやらここは病院の一室みたいだ、と合点する。
なんで私が?と首を捻った途端――。


「っ……!!」


一気に記憶が呼び戻された。
慌てて布団を跳ねのけるのと同時に、左側のカーテンがシャッと音を立てて開く。
そこから顔を覗かせたのは、スーツ姿の祐だった。