バイト先のダイニングバーで、今日も彼の美しいピアノの旋律に耳を済ませる。


「君ってダンサー志望なんだ。それならワルツも踊れるの?」


その問いに頷くと、非日常のきらびやかな世界に連れて行かれ……


「婚約の破談に手を貸してほしいんだ。報酬は支払うからさ」


悪戯っぽい視線とともに彼に依頼されたのは期間限定の恋人代行業。


でも、彼がどうしても破談にしたい婚約の相手は、彼の初恋の人だった。

この作品のキーワード
御曹司  ピアニスト  身分差  同居  偽装  契約  嫉妬  溺愛  社長  婚約