私の風俗嬢としての実話。
借金完済から風俗を上がるまで。



「なぎちゃーん。私たち幸せになれるかな?」
久々に酔った帰りの送り途中。ふと現実に目を向けた。
「は?何言ってんの。こんだけ頑張ってんだから幸せになるんだよ!」
「そうだよね」
窓越しに映りゆくネオン街を横目に。誰よりも幸せになろうと心に決めた。

この作品のキーワード
S〇X  依存症  風俗  風俗嬢