異国に誘われた運命と、城壁を吹き抜ける神風に導かれた、魂を溶かすような甘い出逢い。それは、

 神の贈りもの ー。

 天上の光が降り注ぐ大聖堂を彷徨って見つけた宝物が、あなたでした。

 あなたの息吹を感じた温かなキス。

 熱い命の鼓動に触れた夜。

 あなたに抱かれた夜が永遠に彷徨わないように、

 最後のキスで固く結んで・・・。

 いつかまた、二人のキスで紐解く日まで ー。


この作品のキーワード
御曹司  障害  結婚  フランス  純愛  溺愛  あまあま