気づけば―、

貴方を好きになっていました。



「…絢華は、“絶対”彼女になりたいなんて…言わない、よね?」


あたしは…、

彼の“彼女”には一生なれないんだ…。



「絢華と話せないのが苦しい……。
俺を見てくれないのが、何よりも辛いんだ」


…ずるいよ。

期待してはいけないと分かっているのに。



だって君は―、


あの子の“彼女”なんだから…。


▽▽▽


Start→2017/11/11

END→2018/01/26

この作品のキーワード
優柔不断  切ない  胸きゅん  同級生  失恋  野いちご大賞