少し切なくて、家族愛を感じられる、誰でも読める短編小説です。

この作品のキーワード
短編小説  親子愛  切ない  事故