1995年1月17日。

阪神大震災に遭遇した

一真は、

直前に喧嘩して

そのままになっていた

恋人の麻美子の

安否を確かめるべく

神戸を目指したのだが…



著者の実体験と

さまざまな証言をもとに

ほろ苦い青春の一瞬を

描く。

全編セリフなし、という

実験的な意欲作。



目次

この作品のキーワード
神戸  吹田  実話  阪神  大震災  恋人  スクーター  十字架  後悔  青春