同窓会のお知らせが届いた。


中学校の同窓会だ。


私は成人式の時にあった同窓会に参加したきりだから、何年ぶりだろう。



みんな、元気かな。


どうしよう。

仲良くしていたサナちゃんや貴子は行くだろうか。

連絡とってみようかな。




‥‥彼は‥来るだろうか。

初恋相手の川村君。


中学校の時からずっと好きで、高校も同じ学校に入れた時は、飛び上がるほど嬉しかった。

サッカー部で活躍する彼をいつもこっそり見ていたっけ。


長い片想いに終止符を打つべく高2のバレンタインデーに玉砕覚悟でチョコレートを渡したら、思いがけないことに、
「俺もずっと好きだった。」
って言ってくれたんだ。

初めてできた彼氏に舞い上がって。

楽しくって。

毎日とても幸せだった。

でも、高校を卒業して東京に進学した彼と地元で進学した私は遠距離恋愛になって。

会えなくて。

寂しくて。

気がついたら、自然消滅していた。




成人式での同窓会で再会した時は、ちょっと気まずかったけど、笑顔で挨拶した。

都会の大学生だった彼はすっかり垢抜けてて。

ちょっぴり後悔したっけ。

いや、ちょっぴりじゃなかったかな。

だって、私の、中高時代の思い出は、川村君一色だったから。

この作品のキーワード
同窓会  夫婦  短編