―貴方は今、何色に染まっていますか?―



その答えは皆さんはたどり着いてますか?



人には縛り付けたれた過去がある。

それはどんなにもがいても足掻いても忘れることも解かれることもできなかったりする。


――――


コイツが主人公で良いのか?!



✰✰桃野望架✰✰


自分には鈍感。人には敏感。
ルックスはまあまあ。ってより、中の上くらい


モテ期?
コイツ、鈍感なんでよくわかりません。


言っちゃえば


根性と度胸だけは誰にも負けたことがありません。


まあ、真っ直ぐな気持ちだけは保証します。


一応、友達って感じではモテ期?なのかも?



こんなコイツが主人公に務まるの?



「っ…!務まるよ!それに途中途中、
悪口になってるよね?作者、酷いよ……」





そんな、桃野の前に現れたのはーーー?!




天然 × イケメン対応♡ × 爽やか白王子!


☆―日野出 陽太―☆


俺様 × 口癖 × ちょっとマヌケな黒王子!


―★空田 星夜★―




この二人が桃野の前で暴れ出す?!





で、ところで桃野さん。

『悩み相談部、作ったんですってね』


「は、はい!」


『キミ、今でも主人公として結構ピンチだけど悩み相談部まで作っちゃって大丈夫なのかね』


「ちゃんとできるもんっ!!」


『酷いって言うのは勝手だけど
ちゃんと物語を進めて下さいよ?』


「…はーい」


『((本当、大丈夫か。この主人公))』


『『おい!作者!俺様が主役じゃねぇって
どう言うことだ?!あん?!!!』』


「『ちょ、星夜。作者も困るだろ!』」


((一応、二人とも立派なメインなのですが…))


――*☆*ここで魅力のご紹介*☆*――



桃野望架は悩み相談部を作ることを決意した。



それはセレブにはセレブなりの『悩み』『闇』があったから、そして自分のやりたいことが人の悩みを聞くこと解決することだと気づいたから。



桃野の一生懸命な言葉と行動力、


彼らの三角関係チュウモク!





こんな桃野と愉快な仲間たち







そして、言葉力がない作者、中田アマですが


最後までご覧頂けると幸いです!!

























それではラブコメ1ページ目、どうぞっ!!

この作品のキーワード
学園  ラブコメ  青春    過去  セレブ  俺様  天然  鈍感女子  友情