『……長瀬、この書類に目を通しておいてくれ。』

「はい」


会社では頼れる上司

常に冷静で仕事をこなすスピードも抜群、仕事の腕もピカイチ

そんな、尊敬できる上司は


「副社長?」

『プライベートの時までその呼び方はよしてくれ、美都。』


プライベートでは少しだけ頼りない同僚になる。

仕事面では完璧な彼なのに、私の前でだけは着飾らない自分を見せてくれる。


だから、
どうしようもなく惹かれてしまった。


『杏奈が、結婚するんだ。』

「え…」

『俺じゃない、他の男と。』


だけど、
私の恋はいつだって一方通行で

独りよがりで

自分の気持ちを彼のように独白する勇気もない私は


そっと、傷ついた彼のそばにいることしかできないのです。


一途女子 × 一途男子


『どうやら俺は、美都がいないとダメみたいなんだ。』

「え」

『好きだよ。公私ともに、俺のそばにいてほしい。』


報われない片想い…じゃないの?

え?どうゆうこと?



(c) Seori Nonomura.

この作品のキーワード
副社長  秘書  同僚  片想い  甘々  一途  独占欲  溺愛  腹黒