八月一日結《ほずみ ゆい》。17歳。
八月一日と書いて『ほずみ』と読む。
名字も珍しいけど、実は魔女です。



結は悩んでいる。
すごーく悩んでいる。
なぜなら……

目の前に立ちはだかる進路志望調査!

生まれながら魔女の血を引く結は、
八月一日家繁栄のためだけに魔女になってもいいものなのか悩んでいた。

重い気持ちのまま迎えた夏休み。
魔女で祖母セツの家で、結は大学生の慧《けい》に出会う。


「ずるいよな、そんな奇跡みたいな力。どれだけ願っても手に入らない」


イケメンだけど俺様でおまけにワケアリ?


「そろそろ俺たちも前に進んでいいんじゃないか?」


ちょっとちょっと!
前にもなにも、まだ始まってもいないんだってば!


悪戯好きな妖精たちや詩乃という女の子の幽霊。
トマト畑に現れる取り替え子の男の子と安西夫妻……。


やがて慧の悲しい過去と願いを知った時、結は――






※スマホでも読みやすいように改行や空行を取り入れています。

この作品のキーワード
魔法  女子高生  夏休み  ほのぼの  成長  未来  スタ文大賞3