約束の時間より
大幅に早く迎えに来た彼は

両親とお茶を飲みながら
私の支度が済むのを待っていてくれた

悩みに悩んで決めた
小花柄のワンピース

淡い色のカーディガンを羽織り
手持ちタイプの籠バッグ

キラキラしたグロスで
ピンク色の唇が笑っている

前髪はいつものように
捻るとピンでバッテンに留めた

両サイドに垂れる巻き髪に
ローズの香りのクリームを揉み込む

鏡の前に立つと・・
・・・ダメ。分かり易い、笑ってる

今までのデートが嘘のように
早く出掛けたくて

部屋履きをパタパタ鳴らし
伏し目がちに『お待たせ』
扉を開いた


『おぉ愛華。一翔君がお待ちかねだよ』
笑顔の父の隣で同じように笑う彼

『それでは、お義父さん』
立ち上がった彼にエスコートされ
車に乗ると

いつもの癖で
シートベルトをギュッと掴んだ


『そんなに運転下手か?』



『あ、いや。そうじゃないわ』

手を離すとバッグの持ち手を握った

何か持っていないと心細い
でも・・・それは言えない

『ハハハ何緊張してんの?』
やたら話し掛けてくれるのは
以前より良いけれど
完全に彼の立場が優位で
子供扱いされている

『き、緊張なんてしてないわ』

否定した言葉にも詰まって
益々大声で笑われた

それでも
黙っているよりも
和やかな雰囲気で過ごせることが
なにより嬉しかった


『今日はどこへ?』
なにも聞かされなかったから
期待したけれど

『着いてからのお楽しみ』

教えては貰えなかった


30分足らずで着いた場所は
新しく出来たタワーホテル

つかず離れず
彼の背中を見ながら歩く

イベントホールに着くと
現代アート展の受付

・・・絵を見るのが趣味なの?

パンフレットを受け取ると
会場内に足を進めた

この作品のキーワード
政略結婚  お嬢様  イケメン  溺愛  ツンデレ  婚約破棄  ハイスペック  花嫁修業  大人の恋