何にしても過剰反応な私を慣らすように
彼は少しずつ二人の距離を縮めてきている

考えてみると・・・
妹さんの誤解を解いた時
ここで誕生日プレゼントの代わりに
キスをして以降
なにもしていないから

冷静になれば私の反応は
可笑しくて仕方ないのだろう

そんなことも知らず
一々過剰反応の私を
笑いながら見ている彼が
いつも視界の中にいた


『さて、買い物に行くけど、その前に』
パチンと手を合わせて
少し待っててと家中をチェックし始めた


何を確認しているのかは分からないけれど

メモに書き留めながら
ブツブツ言う彼

数枚になったメモ用紙を片手に
デパートやら雑貨屋さんやら
終始彼のリードで買い物が進む

メモの中身はお揃いのアイテム

カップからテーブルマット
歯ブラシに至るまで
全てペアの物を買い揃える

大きな物は揃えた私に対して

隙間を穴埋めするように
小物類を買い揃える


『普通逆だよね』
彼の両手に荷物が増える度
クスッと笑う


重みに耐えかねると
私をベンチに座らせ
駐車場に停めた車へ荷物を置きに行く


手のひらが真っ赤なのを
自慢気に見せながら

それでも小さな紙袋1つ持たせようとしない彼に
十分過ぎる優しさを感じていた


『あれだけ買ったから、もうマンションで暮らせるなぁ』
並んで歩きながらメモを眺める


『もう終わり?』
見上げた視線がぶつかって
すぐにメモ用紙に落とす


『後は・・・地下で今夜の食材買おうぜ』
そう言い終わると
サッと手を繋いだ彼

『えっ』
突然のことに驚いて
離そうとしたけれど
繋いだ手に力を込めて阻止

繋いだ手を高く持ち上げながら
『恋人同士だから手位繋がないとな~』


キラキラした笑顔にまたキュンとした

この作品のキーワード
政略結婚  お嬢様  イケメン  溺愛  ツンデレ  婚約破棄  ハイスペック  花嫁修業  大人の恋