リス・フルール駅前支店。

冠婚葬祭や有名ホテルなどの生花の装飾も手掛け、支店も持つ、大きめな規模の花屋。





その花屋の支店のうちの1つである駅前支店。

そこの経理、兼、事務、、、そして雑用までも任されている。
入社半年。清永彩葉、22歳。大学卒業後、ここに就職が決まり、支店の中でも1番仕事量の多い此処で日々奮闘中。




「清永、今月の村上理事長の請求書、、、、上げ終わったか?」


「はい、先程上げました。今月もいつも通り引き落としだそうです。それと、村上理事長が支店長に宜しくと仰っていました。」

「あぁ、分かった。後で電話入れとく。昨日の業務日報終わってるか?今から本社に行ってくるからついでに持って行ってやる。お前の事だ、、、終わってるだろ。」