あれから時間が取れない中でも、食事に行ったり、泊まりにいったりとして過ごしていた。


そんなある日、休憩室で昼食を取っていると隣の亜子から急に尋ねられた。




「ねーねー、いろちゃんの誕生日って今月の23日じゃなかったっけ〜?」

「そうだよ〜?覚えててくれたの?」

それを聞いて嬉しそうに笑う。



「当たり前だよっ!何が欲しい?」

亜子は微笑みながら尋ねる。


「プレゼントなんていいよっ!?」


有り難い言葉に、慌てて遠慮する。


すると少し悲しそうな顔をして彩葉を見た。