「ごめん。昨日は仕事で斎場に行ってたからマナーにしてて気づかなかったの。、、どうしたの?」


「どうしたのじゃないわよ!正月も帰ってこないし、、どうしてるの??たまには、顔くらい見せに来なさい。貴方、一人っ子なのよ?お父さんが心配してるわ。」


「ラインしたでしょ?花屋は正月休みなんてないのよ??無理言わないで。」


「第一、恋人の1人もいないの?!隣の加代ちゃんは結婚して子供もいるんだから。貴方、そのままだと結婚適齢期になっても独りよ!?」

隣の同級生の加代の話題を出され、カッとなって叫ぶ。


「こ、恋人はいるよっ!ちゃんと!!だから心配しなくていいからっ、、!」


すると母親の声のトーンが急に落ち着きを取り戻した。