いよいよ、慰霊祭を明日に控え慌しく準備に追われる。

経理の彩葉も作業場に駆り出され、指示通りに手伝っていた。




「ごめーん!清永ちゃん、そっち持って〜!」

「はい、只今っ!」



「誰か、この数だけオアシスベース準備しておいてーっ。」

「わ、私がしますっ!!」



慣れないながらも、必死に自分に出来ることを探して積極的にこなす。


あまり上手くは出来ないが、教えてもらいながら進めていく。