「、、、思い悩んだ顔、、してるか?」

それを聞いて苦笑いを浮かべる。

「珍しいな。仕事か?それとも、、、プライベートか?」




暫く黙り込んでぼそりと呟く。


「、、、少し疲れただけだ。明日は慰霊祭だしな。もう、帰る。、。。またな。」

そう言って立ち上がり蓮に背を向けた。














去っていく透を、心配そうに見つめた。