太陽の眩しさに、ガバッと勢い良く慌てて起きた。

時計を探して時間を確認すると、針は11時を指していた。



さーっと血の気引いて顔が青くなる。

「ひっ昼!?!?遅刻っ!!!」


ベットから飛び出しリビングへと向った。

するとテーブルにメモ紙が置いてあるのに気づき、それを手に取る。





“今日は半休にしておく。昼には来い”





そう書かれていた紙の横には鍵も置いてある。

とりあえず遅刻にはならないようで、ホッと胸をなで下ろす。