13時半の予約、慢性糸球体腎炎の患者さん。

45歳男性。175cm 80kg 

はあっとため息をついたら、隣のデスクの小沼さんがパソコン画面を覗き込んだ。

「…あー、かわいそうだよねえ慢性腎炎って。
本人が悪いわけじゃないんだもんね」

「完治はしないのに食事制限をしろだなんて…心が痛みますよね」

慢性腎炎の原因は、患者自身の不摂生によるものではない。

詳しい原因は解明されていないようだけど、患者さんにとっては寝耳に水の話。

慢性ゆえに完治はしないし、どんどん機能が悪くなっていずれ透析になる場合だってある。

憂鬱な気持ちになりながら、紙カルテのファイルと指導記録の用紙を持って栄養指導室へ向かった。

「春田さーん」

呼びかけたら、貧乏ゆすりをして腕を組んでいる男性が睨むようにこっちを見た。

…ああ、ちょっと苦手な感じだな。

ますます憂鬱な気分だ。


栄養指導室のブースは4部屋ある。

13時半の予約の患者さんはあと2人いて、それぞれ北川と飯塚さんが指導に入っているはずだ。

その中の1つのブースに彼を案内した。