「私、風間先生のことがずっと好きでした」

「ごめん。俺は好きじゃない」

もうこの言葉は定型文のようになっていた。

冷たい言い方ではあるけど、このくらい突き放すのがちょうどいい。

最低な男だと思われてもかまわない。

むしろ好都合だ。


もちろん、顔目当てで寄ってくる女性ばかりじゃないことはわかっていた。

だけど、そんな女性にも俺は心が動かなかった。

それだけ俺の心の闇が深かったということなんだろう。

『女嫌い』だろうが『ゲイ』だろうが勝手に言っていればいい。

彼女なんかいらない。

もう俺は、ずっと一人で生きていくんだと思っていた。