お腹の底を突き上げるような音が轟き、一帯を照らす光が眩しい。


「……綺麗だねぇ」
「うん……」


 八月の夜空を鮮やかに彩る花火は、恋に憧れるばかりの私にチャンスをくれた。


「咲、お酒こぼさないようにね」
「大丈夫」

 配られた缶ビールを掴むことすら忘れそうで、同僚の奈緒美に言われて、テーブルに置いた。


「ちゃんと見てる? さっきからぼーっとしちゃって」
「うん、見てるよ」

 奈緒美は空を仰ぎ、私は左側に設けられた他社の席の様子を眺める。


 時々、朝の通勤電車で見かけていた憧れの人。
 話しかけることもできず、見つめるだけで満足していたその人が、隣にいるのだ。


この作品のキーワード
お見合い  御曹司  副社長  溺愛  片思い  ツンデレ  地味OL  同棲