先日いただいた加賀友禅の着物は、彼が会社から衣桁を持ってきてくれて、綺麗に飾ってある。
 見るたびにため息が漏れるほど素敵で、またこれを着て出かけたいと思うようになった。

 元から和装は好きな方だったし、簡単な着付けを習ったこともある。
 だけど、ここまで本格的なものを前にすると、生活まで丁寧になってきた。

 その影響なのかは定かではないけれど、『最近あまり食べなくなったし、なんだか細くなったよね』なんて、同僚にも気付かれるほど少し痩せてきた。
 間食をせず、姿勢を正して過ごすようにしたら自然と贅肉が落ちたようだ。

 だけど、八神さんはあまり好ましいと思ってくれていないようで。


「咲、もっと食べて」
「食べてますよ。今日だって一緒にお夕飯を食べたじゃないですか」

 キングサイズのベッドで、私を後ろから抱きしめている八神さんは不服そうだ。


「この辺とか、もうちょっとやわらかい方がいいなぁ」
「っ、ちょっ……なにしてるんですか!?」

 彼の指先が私のお腹や太もものあたりを辿り、思わず身を捩った。


この作品のキーワード
お見合い  御曹司  副社長  溺愛  片思い  ツンデレ  地味OL  同棲