優しい言葉にドキリと胸が高鳴った。


ほんの一瞬だけ揺れてしまったのは、心が不安定になっているせいかもしれない。


一生振り向いてくれない凛くんを追いかけるより、私を好きだと言ってくれる岸本くんの側にいた方が幸せになれる。

そんな虚しい囁きが聞こえた気がして、胸の奥が重くなった。


「今言うは反則。ずるいよ…」


「凛に夢中な花野井ちゃんを振り向かせるんだから、少しくらいずるくても許してよ」


「でも、私は凛くんのことが……………」


「凛のことが好きなままでもいいんだ。花野井ちゃんが凛を諦められないように、俺も簡単に諦めたくないから」


迷いのないまっすぐな言葉に正直戸惑った。

岸本くんの気持ちは痛いほどわかるから、否定なんてできないよ。


「……わかった。いいよ」


こくりと深く頷いた。


「えっ、いいの?」

「うん。テストで1位取ったらだけど……」


「やっば、超嬉しい………」


彼なりの照れ隠しなのか、ほんのり赤く染まった顔を隠して、小さな声で呟いていた。