今の「凛」って、相崎凛くんのこと………?

いつも彼が潜んでいる中庭から聞こえたんだ、きっとそうに違いない。


反射的に体が動いて、気づいたら茂みから顔を覗かせていた。



「いきなり大声出すなよ、瑛斗」



…あ、やっぱり。


視線の先にいたのはやっぱりあの凛くんで。

隣にいる岸本くんと何やら話し込んでる様子だった。


なんだ岸本くんと一緒だったんだ……。

凛くんのことだから、てっきりまた女の子から告白されてるのかと思った。


見慣れた光景に安堵する。


凛くんには嫌いだって何度も言われてるくせに、少しだけほっとしてしまう。


この期に及んで、まだ凛くんに振り向いてもらうつもりでいるのは情けないかな。


岸本くんとデートをする約束をしても、私の心は凛くんでいっぱいだった。