別に嘘ついたつもりないんだけどなぁ……。

彼氏いない歴イコール年齢の私だけど、彼氏にしたい人の条件は一丁前に考えている。

顔より性格だという皐月の言葉も否定しない。


……だけど、相崎くんは特別なの。


「あんな顔だけ男のファンになるとか、見る目ないよねー」


皐月がやれやれと首を振りながら、呆れた顔で私を見る。


「別にファンじゃないもん」


ファンとかそういう浮ついた気持ちじゃない。

私にとって相崎くんは……。


「あー、好きなんだっけ?」


そうそう、好きなんだよ。

……って!?


「そっ、そそ、そんなはっきり言わないでよ!誰かに聞かれてたらどうするの!?」


年頃女子の好きな人の名前を、そんなあっさりバラすもんじゃない。

キョロキョロと教室を見渡して、誰も聞いてないよね?と、激しい不安を膨らませる。