真っ暗な世界で、君は神と会話していた。


人にもなれず、


何も知らない君の手は、


とても冷たくて。


どうか自分を恨まないで。


君は君らしく生きれば良いんだから。


***


こんにちは!


こちらの作品を閲覧いただき、ありがとうございます!


この物語は、御園陽介と千波の長男の陽希が主人公です。


他の物語でもあまり表立ってませんが、一応、物語はありましたので書かせていただきます。


別の言い方をするならば、御園相馬の父親の御園春馬のお兄ちゃんですね!


そんなこんなで書き進めますので、よろしくです!



この作品のキーワード
  悩み    子供  葛藤