はじめてキミを見たとき

わたしは目が離せなかった

キミの背中にキラキラ輝く翼が見えたから

キミとおなじ時間を過ごすうち

わたしは

キミに恋をした


でも

わたしには

キミがまぶしすぎた

だから

ひそかにキミを想うだけで


キミの輝く翼をそばで見られる

それだけで十分だった…

だけどキミはわたしに

手を伸ばして

強く強く握りしめてくれた

そして…

優しく包み込んでくれたね

わたしは

すごく幸せだよ…

わたしの全部で伝えるよ。

キミが大好き…

この作品のキーワード
純愛  泣ける  切ない  感動  高校生  初恋  ピュア  ドキドキ  一途  辛い