初めてのヤキモチから、お互いに反省し、結婚してから初めてのデートをした翌日。

日勤で出勤して、朝の仕事に就く。

モヤモヤしたのも解消されたし、清々しく仕事に集中していた。

検温や採血に各病室を周り、私は小川さんの病室へと来た。

コンコンと病室のドアをノックして、声をかける。

「小川さん。おはようございます。検温ですよ」

そう声をかけると、中から返事がする。

「はい!どうぞ」

その声を聞きドアを開けて、色々載せてるカート毎部屋に入る。

「おはようございます。ご気分はどうですか?」

顔色を見ながら聞きつつも、手元で色々準備する。

「落ち着いてきてるので、大丈夫です」

そう答えた小川さんは、確かに顔色も良くなり落ち着いてきたようだ。

「今日は検温と、血圧測定、それに採血があります」

そう伝えると、ちょっと顔を顰めていた。
うん、採血が嫌なのね。
まぁ、好きな人はいないか。

「はい、検温と血圧は問題無いわね。それじゃあ、採血しちゃいましょうね」

そう声をかけて、採血の準備をする。

「小川真穂さん。間違いないでしょうか?はい、それでは採血始めますよ。最初、少しだけ痛いからね?」

そう私が声かけると、顔を腕から背けた。

ほんとに苦手みたいね。

クスッと笑いながらも、いい血管が見えてる彼女の腕に針を刺し検査用に3本抜いて、スっと針を抜く。


この作品のキーワード
医師  イケメン  溺愛  結婚  ハイスペック  ほのぼの  甘々  恋愛小説大賞  幼なじみ