腕を掴まれたまま、電車に乗せられる。



そこそこ込み合う車内で身体は近く向き合っているのに、高山くんはわたしと目を合わせない。腕には痛いほど高山くんの指が食い込んでいる。


佐喜子さんにわたしとのことがバレたのだろうか。背中をヒヤリとしたものが駆け上がる。


わたしが降りる駅では降ろしてもらえなかった。高山くんの家に行くのだろう。


想像通り高山くんの家の最寄り駅で降ろされ、無言で引っ張られる。きっと暴れても力ではかなわないだろうし、外で言い争う内容ではないだろうから大人しく従った。


高山くんの家に着き、玄関に引き入れられる。背後で鍵をかける音がやけに静かな部屋に大きく響いた。


「入れよ」


言われて靴を脱ごうと思うのに身体が言うことをきかない。


ちっと小さな舌打ちが聞こえ、かがみ込んだ高山くんがわたしのパンプスを脱がし、また腕を掴んで部屋まで連れて行かれた。


見慣れた部屋。
いつもより少し荒れているかも。


もう来ないつもりだったのに。