お前は、クールアンドドライか。
なんだ、そのビールのキャッチコピーみたいな結論。

 1人でいるのが好きで、他人にあまり興味のない私。

 異動先の最低な上司は、初恋とも呼べるかつての憧れの人だった。

 時の流れって残酷だ。
昔の憧れはなかった事にしたい。

でも、「ムカつくんだよ、お前が、俺の前でずっと眼鏡を掛けてるのが。」
何故か、彼は私に、近づいてくる。

 無能上司だと思っていたのに。

1人でいるのが好きな私に、恋愛なんて出来るの?


一応、完結です。
総合ランキングにランクインしたみたいです。
有難うございます!
2018.9.17

レビュー、有難うございます。
聖凪砂さん

この作品のキーワード
クール  ドライ  上司  メガネ  再会  ラブコメ