★★★★★
不器用な二人。
お互いがお互いを思っていながらも、不器用な二人。
読む中で、二人の気持ちがすれ違いながらも重なる場面が何度もあり、そのたびにそんなふたりの不器用な関係が切ないのに、とてもきれいで素敵でした。
反発する気持ちとは別に、とても惹かれ合う気持ち。それは、自分という人間を偽っていながら、実はその奥に秘められた人間の本質は二人ともとても純粋で綺麗だったのではないかと感じました。
だからこそ、一見人当たりがよくて綺麗で明るくて、それでいて何気ない言葉を投げつける二人の周囲の人間たちが、外見的には綺麗なはずなのに、汚く感じました。無神経な態度と言葉は、人を傷つける。そのことを大人になっても気づけない。でも、こういう人って意外とたくさんいるのではないと思いました。
聖凪砂
18/03/13 00:57

>>新着レビュー一覧へ