大の大人の別れ話が
ケータイ1つで終わっちゃうなんて
そんなのアリか?絶対ナシ!
…だと、思っていたのだけど。

わかりました。
わたしに魅力がないというのなら
変わりましょう。
惜しい女を手放したって
絶対思わせてやる。


上手になんて泣けやしないし
可愛くなんてなれないけれど
それでも誰かを愛しいと
想うことから逃れられない。


「九条さんは可愛いんです。」


この一言が、あなたとの出会いが
私の美意識を変えてくれた。


美意識革命
―ビイシキカクメイ―

執筆開始
2018.2.28

この作品のキーワード
失恋  可愛い  ジム  ほのぼの  年の差