12月30日。


今年もこの日がやって来た。


私は、勉強机の上に置かれた卓上カレンダーをジッと見つめる。



あいつが帰ってくる。


正直、1週間前くらいからそわそわしていたし、地味にお菓子を食べるのをやめたりした。


1週間じゃ効果が出るわけないことくらいわかっているのに。


あいつがこの町から居なくなって3年。


だけど毎年、この時期だけは帰ってくる。


一年のうちのたった1週間。


あんな奴にこんな感情を抱いているなんて悔しいけど、仕方がない。



「美柑(みかん)!ちょっと手伝って!」



一階から不機嫌なママの声がした。


毎年この時期は、私の家にいとこや親戚が集まる。


そのために、ママやおばあちゃんたちは食事作りに大慌てだ。



「はーいっ」



声を伸ばして、ゆっくりと立ち上がってからキッチンのある一階へと向かった。



この作品のキーワード
短編    お正月  年末年始  幼なじみ