そんな考えしたくなくて、うつむいていると。



「あれ~?わざと言ってるの、聞こえてないのかな~?」

























ーーーーーやっぱり、そうだったんだ。




悲しくて、涙でそう。





もうここにいたくなくて、逃げるように階段を上がってく。




ーーーーそういえば、一人で教室まで行くの、初めてだな~



そんなことを考えていると、あっという間に教室に到着。