婚約者の中谷一番星(なかたにかずや)とはすでに同居し結婚を間近に控えていた竹野内亞(たけのうちつぐみ)。しかしある日突然、かずやはこの世からいなくなってしまった。この世で一番の不幸に見舞われたつぐみは生きる希望を無くした。そんな時に偶然にみつけたブログで同県出身者の榎木田俊一(えのきだとしかず)のことを知った。その後しばらくして、かずやがつぐみの前に現れた。ユーレイとなって現れたかずやとの生活に困惑するつぐみ。そんなつぐみに生きる希望を与えてくれたのはキノコ王子こと榎木田俊一だった。実話を基にした作品です。