『退勤を押してからなら、お付き合いしましょう』とのお返事を貰い、酔いつぶれて失態を晒した日から今日で5日目。


私は定時で上がれるけれど、相良さんは副社長の仕事次第なので上がり時間が定まらず、その後は出かけてもいない。


社内では接近禁止命令を出されているので、見かけても近付く事さえも出来ない。


よく良く考えたら携帯の番号も知らない。


何故、あの日に聞かなかったのだろうと酷く後悔している。


「あ、あの人ですよ。副社長の婚約者!企画開発部のエース、確か…秋葉さんだと思います。彼女、スタイルもいいし可愛いですよね」


「うん、そうだね。仕事もプライベートも充実してるっていーなぁ…」


新人なのに、既に情報通の奈子ちゃんがコソコソと話し出す。


副社長の婚約者の秋葉さんは企画開発部で新商品等のデザインをしている。


歩く度に揺れるふわふわなウェーブ、大きな瞳、引き締まったウエストにそこそこボリュームがありそうな胸、バランスのとれたスタイルに目が惹かれる。


私が思うに仕事もプライベートも充実しているからこそ、キラキラオーラが増していて目を惹くのだと思う。


副社長も秋葉さんもキラキラオーラが沢山出ている。

この作品のキーワード
オフィスラブ  クール  眼鏡  溺愛  ピアノ  大人の恋  冷酷  秘書  溺甘