今日から高校生になったあたし小田さとみは


関西人なのに地味でコミュ症



そんなあたしを変えてくれた矢野茉歩と再び出会い



あたしの人生をまた楽しませてくれる





「ねえ、なんでそんなに優しくしてくれるん?」



「んー?なんでかな、小田さんを見てると守りたくなる」






あたしは恋をした




「どう頑張っても瑠偉君が頭から離れられへんねん!」




「があああ!!頭おかしくなりそうや!
ほんまやで!?死ぬんちゃうかな!?」




ほんまに死にそうになる事も経験した




「ごめん、俺、茉歩が好きなんだ」



………はあ!?




なめんなよ!





「俺はお前が好きだけどな」





……なめんな






こんな胸いっぱいな出来事は



茉歩無しではありえへんかったで





最後に笑うのは






ふふっ











〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





どうも!作者のゆる男です!





ゆる男は関西人ではないため関西弁がかなり変な感じになってますが



楽しんで読んでもらえると嬉しいです!