クラスメイト、友達、親友、大親友。





誰にでも相手への思いの強さの違いってあるはず。








大好きだった。





世界一、いや宇宙一自慢の親友だと思ってた。






ちいさい頃から一緒にいたわけではないけれど、私達はツインズみたいだった。







なのにどうして、さよならしなきゃいけないの?













ねぇ、神様。





私達が出会った意味って本当にあったのかな?













これは私のほんの一部の人生を描いた実話を元にしたフィクションです。

この作品のキーワード
実話  フィクション  親友  病気  ピアノ  青春  友情  思い出  さよなら