分かってる。



俺はただの "弟の友達" で


あなたには俺なんかよりずっといい男がいて




「また遊びにおいで、あっくん」


あなたの目には俺は写ってないけれど





「また、会いに来ます」



それでも、好きだと思ったから




俺は明日も、あなたに会いに行く。






*短編*男の子side*




この作品のキーワード
片想い  一途  男目線  年上  短編