常盤 真(ときわ しん)バツイチ。42歳。

身長は178センチ、細身。
幸いなことにいくら食べても、体型は変わらないみたいだ。
女の子達の評価によると顔は『塩』イケてる部類らしい。
特定の恋人は持たない主義で、いつも数人のオトモダチのオンナノコがいた。


放射線科の医師で、今回異動してきたこの山之辺(やまのべ)総合病院では部長として赴任した。

先月結婚したいと思っていたヒトに振られたばかりだ。

まあ、告白した時から、振られる予感はあった。
彼女の心の中には他の男がいたし…
抱き合っていても彼女は僕の事をちっとも見ていなかったから…
わかっていたから、異動願いを出してあったのかもしれない。

僕の住んでいる部屋は異動先にも通えるし、
勤め先が一緒だった彼女が今まで通りに勤務に通える場所で、
仕事を辞めてくれてもいいと思ってもいたけれど…
まあ、そう上手くはいかない。

家族を持ち損ねた。と少しため息が出る。

部長になってほとんどの週末は休みになった。
当直も月に1回程度、
家族と過ごせるようにしたつもりでもいたんだけど…

無駄になってしまった。
とまたため息が出る。


この作品のキーワード
大人の恋  溺愛  年の差  結婚