氷堂side


自分で言うのも何だが、俺は美形で容姿端麗な将来有望のエリート社員。


自然と女が向こうから寄ってきて、何人かと付き合ったりもした。


だが女達が好きなのは、この見た目と社長の息子という肩書きだけ。


俺自身は見ていない。


正直もううんざりしていて、しばらく仕事だけに専念しようと思っていた。


そんなときに彼女に出会った。


自己紹介の時の挨拶で、ちょっと緊張ぎみにお辞儀してる。


背中まである艶やかなブラウンの髪。



薄ピンクのふっくらした唇。


汚れを知らないような純粋そうな目。


俺色で全部染めたいってすぐに思った。


人生で、「一目惚れ」なんて言葉を使う日が来るなんて思いもしなかった。




この作品のキーワード
オフィスラブ  意地悪  ドキドキ  溺愛  イケメン  俺様