バレンタイン前日…。

部屋の中はチョコレートの甘いがほんのり香っている。

板チョコを切り刻んでいたらいたら、ガチャガチャと玄関のドアが開く音が聞こえ、浅賀 春哉(あさか はるや)が帰ってきた。

同期で、飲み仲間であり恋人。


「うわ…。すげー甘い匂い」

帰ってきてそう言うと、「着替えてくる」と
言って寝室へ入っていった。


同棲して二年。

春哉はモテる。

毎年沢山のチョコを貰っては私に自慢してきた。

ある時「私も春哉にチョコ用意したけど、いらないよね?」と、紙袋に沢山詰め込められたチョコを見て言った。

遠回しの私からの告白。

そしたら「他のチョコよりお前のが欲しい」と熱い目で言われた。

「チョコに合うお酒あるけど、一緒に飲む?」って言って、家に誘ったんだよね。

今思うと私って積極的だったなって思う。