バレンタインの午後8時。

仕事を終わらせた私は、常務室に向かった。




『恋するベリーズウェディング小説コンテスト』
スペシャル企画
<愛の告白をフィアンセに!スウィートバレンタイン>
参加作品

あらすじ

午後8時。仕事を終わらせた私は、常務室に向かった。常務の秘書、新崎融が扉を開ける。
一日中、常務へのバレンタインの贈り物の対応をさせられた新崎は、警戒感もあらわだ。

「お前まで、常務にバレンタインだとか言うんじゃないだろうな」
「だったらどうなの」

言い合っていると、奥の部屋から常務が出てきた。

「なんだ、痴話喧嘩か」
「痴話喧嘩なんかじゃ……っ!?」

この作品のキーワード
フィアンセB  オフィスラブ  秘書  常務  バレンタイン  独占欲