「はい、どうぞ」


玄関先のベンチに座っていた朝比奈さんに、お茶を渡す。

すると、ボーっと山を見ていた視線が隣に座った私に向けられた。


「どうも」

「凄いですね、この木のベンチも朝比奈さんが直したんでしょ?」

「腐ってる所があったからな」

「器用ですよね。なんでもできちゃうんですもん」


ふふっと笑って、朝比奈さんと同じようにお茶を飲めば、温かい風が頬を撫でていく。

気が付けば5月も終わって、もう6月。

昼間は暑いくらいで、もうすぐ梅雨の季節になる。


だけど、木陰のここは涼しくて、吹いてくる風が心地いい。

それがあまりにも気持ちよくて、大きく息を吸って空に向かって大きく背伸びをした。


「怪我、治ったのか」


そんな時、ポツリと声が聞こえて視線を向ける。

すると、視線だけ私に向けた朝比奈さんがグラスに口を付けたまま、チラリと捻挫した足の方を見た。

その姿に、ニッコリと微笑みかける。


「おかげ様で、もう全快です」

「無理するな。また捻るぞ」

「ふふ、ありがとうございます」