その冷たい瞳が、グチャグチャになった心をかき乱す。

何を考えているか分からない表情が、心を不安にする。


「返してよっ」

「あんた、飲みすぎだ」

「いいじゃない! 今日くらい飲ませてよ!」


そう言って、冷蔵庫にビールを取りに行こうと思って勢いよく立ち上がった瞬間、クラリと世界が回る。

え? と思った瞬間、世界が一瞬にしてグルグルと回転しだした。

そして、訳の分からないままバランスを崩して、制御のきかない体はそのまま頭から倒れこんだ。

それでも――。


「言っただろ。飲みすぎだって」


溜息と共に耳元で聞こえたのは、少し擦れたような声。

無意識に閉じていた目をゆっくり開けると、目の前には息を飲むほど精悍な顔の朝比奈さんがいた。

倒れそうになった私を抱えて、どうやら一緒に地面に倒れたらしい。

鍛えられた腕にスッポリと守られて、どこも痛くなかった。


「ってか、誤るとかできないわけ」


抱え込まれたまま朝比奈さんの上に跨って何も言わない私に、酷く呆れたように溜息を吐かれた。