「今日は形式として、お呼びしただけです。用は済みました。ご苦労様でした。」




茫然とする伯父さん夫婦を置いて、優雨は私の手を引いて歩き出す。


「小竹も、食べたら仕事に戻れよ?」

「はいはーい。」



青白い顔をした伯父さん夫婦を他所に、ウキウキ顔の専務も部屋に置いて。

私なら、ものすごく気まずいのに。やっぱりあの人なんか変。



優雨の元カノじゃないことは判明してホッとしてるけど、なんだかモヤモヤする。

快活な軽さ。可愛らしい上に仕事もできる。そんな魅力的な人が自分の右腕というんだから……優雨も好きにならないわけが、ないよね。


しかもなんだか2人とも仲が良いし。プライベートでも知り合いっぽいし。


なんだろ、なんだかモヤモヤする。



「デザート、食べにいく?」

「へ?」



気が付けば、私たちはホテルの最上階にあるラウンジスペースにいた。優雨の指を指す先には、デザートブッフェの文字が。


「ふふっ、そんなに食べられないよ。」

「……。」


思わず噴き出した私を見たまま、優雨が驚いたように目を見開いていて。


「優雨?」

「ん?あ、ああ。」



戸惑った様子で視線を逸らされた。なんとなく、耳も赤いし。どうしたんだろう?



この作品のキーワード
チーム黄  溺愛  結婚  社長  オフィスラブ  OL  イケメン