「美織、ちょっといいかな?」

「ん?」



今日は土曜日。珍しく休みの優雨が、遅い朝を迎えて、昼食を作る私を寝ぼけ眼でソファーへと呼ぶ。とろんと微睡む色素の薄い目は潤んで、儚い笑顔は縋るように私を見上げている。


うう、朝から無駄にイケメン。そして色気がいつもよりマシマシ。



頬を引くつかせる私を他所に、優雨の手が私の手を引く。


少し、熱い。寝起きだから優雨の体温が高いのかも。



「隣、座って?」

「……。」


ボサボサの髪で首をコテンと傾げられると、とりあえず座ってしまう自分がいる。なによその寝ぐせ。あざとい。



可愛いじゃない。冷酷王様のくせに。



「話が、あるんだ。」

「どんな、話でしょう?」



寝起きのせいでまだ言葉が拙いけど、今からする話が真剣な話だということは、なんとなく分かった。


潤んでいた寝起きの目は、スイッチが切り替わったように、鋭利に私をまっすぐに見つめる。



ゴクリと、喉が鳴る。


「そろそろ、大々的に自慢しようと思う。」

「……へ?」



首を傾げた私に、優雨はキラキラの笑顔で微笑んで。


「俺の妻を、正式にじま、いや、公表しよう。」


相変わらずの不思議発言をしだしてしまった。



この作品のキーワード
チーム黄  溺愛  結婚  社長  オフィスラブ  OL  イケメン