暗い室内。ただ静かに黙って、私の手を握っている人がいる。



分かりにくい人。それなのに、分かりやすい人。


「なんで言ってくれなかったんですか?」

「っっ、美織?」



ビクリと肩を震わせたその人の酷く怯えた表情が、月明りに照らされた。いつも会社で笑っている人が。パーティーで、誰を前にしても絶対的なオーラを放っているこの人が。


私の前では、とても小さく見える。


嗚呼、どうしても。



「あの時の”お兄ちゃん”ですよね。」

「っっ、」


惹かれてしまう。



「私はあの時、なんて言いましたか?」

「……別にいいよ。お兄ちゃんのせいじゃない。」



17年も前のことを一言一句覚えているこの人は、あの事件のことでどれだけ心を痛めていたのか。その後悔の深さは、顔を見れば分かる。


「そのままで受け取ってください。貴方のせいじゃなかったんですから。」

「っっ、しかし、」



口ごもるこの人は、どれだけ悩んできたんだろう。


どれだけ、後悔したんだろう。


その想いの深さが分かる分だけ、私のナカに、ある疑念が降り積もる。



この作品のキーワード
チーム黄  溺愛  結婚  社長  オフィスラブ  OL  イケメン