「先輩。入力終わりました。」

「うん、さんきゅー。さえちゃん休憩入っていいよ。」

「えー、待ちますよ。んで一緒にお弁当買いに行きましょ、先輩。」



可愛い後輩さえちゃんの笑顔。曇り一つないそれは私の心を癒してくれる。



「さえちゃん、結婚して。」

「あらっ、どうしようかなー。先輩って結構男前だから考えちゃおうかな。」


もうこの際、あの事をなかったことにできるなら相手が女の子でも構わない。彼との結婚をなかったことにできるなら、もうなんだっていい。


「あ、そう言えば先輩、昨日、どうしたんですか?」

「へっ、」


抱きつく私の頭を撫でながら、さえちゃんは可愛らしく首を傾げた。


「病欠って聞きましたけど。先輩がいなくて大変だったんですよー。生理痛ですか?」

「……まぁ、そんなような、もんよ。」


なぜだろう、目が合わせられない。


「しかもお兄さんが電話してきたって。彼氏じゃないかって所長が噂してましたよ。オヤジって嫌ですねー。」

「ははは。」


いつ私に兄ができたのか。所長の勘繰りもあながち間違いじゃないのかもしれない。


恐らく電話したのは山田さん。正確には彼氏ではなく、夫となる人の秘書だ。


夫となる、人。



「はぁ。」

「あれっ、先輩、元気ないですねぇ。まだ痛いとかですか?」

「うん、まぁ。」


痛みなら、薬を飲めば治る。だけどこの憂鬱の原因は決してなくならない。




この作品のキーワード
チーム黄  溺愛  結婚  社長  オフィスラブ  OL  イケメン